×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パソコン関連の資格が人気です。今の時代パソコンを仕事で活用するのは当たり前の世の中ですからね。そこで、ビジネスに役立つパソコン関連の資格を集めてみました。

仕事に役立つパソコン関連の資格試験

 

ここ最近、パソコンは仕事でも当たり前のように使用されるようになってきました。職場などでもパソコンを使える使えないでは、評価が全然違うのではないでしょうか。そこで自分のスキルを示すためにもパソコン関連の検定試験や資格試験を受験する方が増えているようです。

 

 

 

ではどのような種類の資格試験があるのでしょう。一般的にも受験しやすい資格試験を紹介します。オフィスソフト(ワード、エクセルなど)のスペシャリストを目指す、マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト。パソコンの全般の知識を試せるパソコン検定、P検。さらにレベルの高い国家試験、初級システムアドミニストレータなどです。

 

 

 

社内での評価アップや就職、転職にも有利な資格としてアピールできるマイクロソフト オフィス スペシャリストですが、どういった試験かというとパソコンを実際に操作する実技試験になります。試験時間は50分で、問題の指示に従い一つ一つ操作して解答していきます。そして合否結果がすぐにわかるのもこの試験の特徴です。

 

 

 

このように、パソコンを実際に使っての実技試験もいろいろあります。実技試験というのは、各ソフトメーカーなどで行っている認定試験が多いようです。そのソフトを使いこなせているという評価に繋がりますからね。国家試験などの筆記試験とは違い、意外と受験もしやすいと思いますので、日ごろ使うソフトの認定試験があれば挑戦してみてはいかがでしょうか。
有望なスキル:マイクロソフトオフィススペシャリスト

 

近年、パソコン関連の検定試験や資格試験の数が増えてきたと思います。パソコンを使った専門分野の資格が増えてきたからではないでしょうか。パソコン関連の資格は、この資格を持っていないと仕事が出来ないということではなく、あくまでも自分のスキルを示すためのものです。

 

 

 

では、一般的に受験しやすい資格試験にはどんな試験があるのでしょう。普段仕事などでよく使用するワードやエクセルなどの試験もあります。それがマイクロソフト主催の「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」です。他にも国家試験である、初級システムアドミニストレータ試験や民間の検定試験であるパソコン検定試験などがあります。

 

 

 

いろいろある資格試験ですが、もっとも手軽に受験でき会社等でも評価対象になるマイクロソフト オフィス スペシャリストについて紹介します。これはマイクロソフトのオフィス製品の利用能力を証明する資格で、実際にパソコンで操作し解答していく実技試験です。試験時間は50分で、終了後すぐに結果がわかるようになっています。

 

 

 

マイクロソフト オフィス スペシャリストのような資格も多数存在します。ソフトメーカー主催の認定試験です。それぞれのソフトの利用能力を示せるのでソフトを使って専門仕事をやってる方であれば、こういった認定試験を取るのも自分の能力をアピールするのに適しているのかもしれません。

 

パソコンを使っている人なら、一度ぐらい自分はどれくらいパソコンの知識があるのかと思ったことはありませんか?そんな時に、資格試験などを受けてみて試してみるのもいいかもしれませんね。最近では職場での評価などにも重要視してきているところもありますし、自分のレベルをアピールする手段にもなると思います。

 

 

 

それでは、どんな資格試験が人気があるかというと、国家試験でもある初級システムアドミニストレータ試験や基本情報処理技術者試験、ワードやエクセルの試験、マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト、パソコン全般の検定試験、P検(パソコン検定試験)などがあります。

 

 

 

様々な資格がありますが、実際の業務でも使用されることが多いオフィスソフト関連のマイクロソフト オフィス スペシャリストについて紹介します。これはいかにオフィス製品を使えるかを証明する資格です。筆記試験ではなくパソコンを実際に操作する実技試験です。この資格は、日本だけでなく世界でも通用する資格です。

 

 

 

こういったソフトメーカー主催の認定試験は他にも多く存在します。日ごろ使っているソフトの認定試験があれば是非受験してみてはどうでしょう。その勉強をすることで、さらなるスキルアップにもなりますからね。またシステム系の資格試験を目指すなら、国家試験を取ると会社での評価や就職・転職時にもかなり有利になります。頑張ってみましょう。